最新情報

《第20回 ヒューマンドキュメンタリー映画館 日比谷》
日時:2015年9月26日(土)
会場 日比谷図書文化館B1F日比谷コンベンションホール
   http://hibiyal.jp/hibiya/index.html

 

ヒューマンドキュメンタリー映画館 日比谷 第20回 記念イベント!

映像作家「いせしんいち」× 絵本作家「いせひでこ」

ヒューマンドキュメンタリー映画館 日比谷は、9月26日(土)で20回目を迎えます!
記念すべき第20回の【特別企画(プログラム2)】にお招きするゲストは、
姓が同じ「いせ」でも、伊勢監督とは全くの他人である、
絵本作家で画家のいせひでこさん。

プログラム1、プログラム2を通して、
ふたりの「いせ」の、それぞれの「今」が語られます。

【第20回 ヒューマンドキュメンタリー映画館 日比谷】
日程:2015年9月26日(土)
会場 日比谷図書文化館B1F日比谷コンベンションホール
   http://hibiyal.jp/hibiya/index.html

〈プログラム1〉 いせしんいちの今 ————————
伊勢真一監督の2015年最新作「ゆめのほとりー認知症グループホームー」を
秋の劇場公開に先駆けて上映します。

映画『ゆめのほとり―認知症グループホーム 福寿荘―』上映(85分)
※上映後、伊勢真一監督による舞台挨拶あり。

《時間》11時~(開場:10時45分)
《料金》通常チケット:1,500円/映画パンフレット付:2,500円


〈プログラム2〉【特別企画】いせひでこの今 ————————
「いせひでこ×いせしんいち」作家二人の対談をはじめ、
いせひでこさんの「今」が、ご自身の作品とことばで語られるトーク&スライドショー、
最新作の貴重な「原画」を鑑賞する「今日ここだけの小さな展覧会」など、
もりだくさんの特別企画です。

いせひでこさん(画家・絵本作家)によるトーク&スライドショーほか
「ここの木―未完の物語―」
・オープニングトーク:いせひでこ×いせしんいち
・短編映像:『かたわら~吉田浜 心象~』(6分/演出:伊勢真一)
・いせひでこトーク&スライドショー:「こころの木―未完の物語―」
・いせひでこ最新作の原画鑑賞会:今日ここだけの小さな展覧会

《時間》13時30分~(開場:13時15分)※15時15分終了予定
《料金》通常チケット:2,000円/いせひでこ絵バンダナ付:2,500円

     チラシ 1     チラシ 2
ーーーーーーーーーーーーーー

【ヒューマンドキュメンタリー映画館 日比谷は「ご予約優先制」です】
キャンセル料はかかりませんので、事前のご予約をおススメいたします。
なお、ご予約の際は「ご予約者名・人数・プログラム名(プログラム1・プログラム2)・チケットの種類(通常・○○付)」をお知らせください。
ご予約・お問合せは「いせフィルム」まで。
TEL:03-3406-9455 FAX:03-3406-9460 メール:ise-film@rio.odn.ne.jp

・上映情報を更新しました。

  上映情報をご覧下さい。

 

       2015年7月21日

・「監督のつぶやき」を更新しました。

  「監督のつぶやき」をご覧下さい。

 

       2015年6月30日

 

「ゆめのほとり 認知症グループホーム 福寿荘-

  伊勢真一監督の新作、「ゆめのほとり 認知症グループホーム 福寿荘-」が

  完成しました。


ヒューマンドキュメンタリー映画
『ゆめのほとりー認知症グループホーム 福寿荘ー』
2015年/カラー/85分

認知症グループホームを舞台に、一人ひとりの物語をスケッチした、
穏やかで、静かで、優しいヒューマンドキュメンタリー。

作品紹介:
北海道・札幌市にある認知症グループホーム 福寿荘の日常をスケッチした、穏やかで、静かで、優しいヒューマンドキュメンタリー。映画は重度・軽度さまざまな認知症の人々が、それぞれの日々を共に生きる姿を淡々と映し出します。本作は認知症についての説明等が殆どありません。「認知症」という病を見つめる以上に「人間」を見つめ、寄り添うことを大切にした作品です。認知症の人は「何もわからない、できない人」ではありません。「本人なりの思いや願い・できる力を秘めている人」です。「地域社会のなかで築いてきた暮らしや人生があり、今を生きている人」です。「日々、喜怒哀楽を共にしながら、支え合っていくパートナー」です。認知症に対する誤解や偏見がグループホーム 福寿荘での日々を通じて少しずつ解きほぐされていくでしょう。認知症のこと、そのケアのこと、そして「生きる」ということ。何気ない一言やワンシーンに耳を澄ませてください。

     チラシ1       チラシ2      予告編

 

 

◎「風のかたち」「大丈夫。」DVDを発売開始しました。


 ・映画『風のかたち –小児がんと仲間たちの10年-』DVD
  〈平成21年度 文化庁映画賞 日本カトリック映画賞 受賞作品〉
  2009年/105分 
  5,000円(ライブラリー用 30,000円)+送料
 
 ・映画『大丈夫。ー小児科医・細谷亮太のコトバー』DVD
  〈2011年 キネマ旬報 文化映画 ベスト・テン 第1位〉
  2011年/85分
  5,000円(ライブラリー用 30,000円)+送料

 

「風のかたち」「大丈夫」発注書のダウンロード
2014風・大DVD発注書0812.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [252.1 KB]
ダウンロード

 

伊勢監督の最新作『妻の病 -レビー小体型認知症-』

ひとりの医師と、認知症の日々を生きる妻との、15年間に及ぶ“いのち”を巡る愛の物語です。

誰の上にも起きる可能性がある認知症という病。

愛する人が認知症になったとき、あるいは自分が認知症になったとき、

一体何が大切なのか・・・。

この映画を観たとき、私たちはきっと、それぞれに思いを巡らせるでしょう。

 

                   予告編

    チラシ1    チラシ2

 

 

・「いせ日記 カントクのつぶやき2」できました。

 

  「いせ日記 カントクのつぶやき2」

「シバ 縄文犬のゆめ」

「シバ 縄文犬のゆめ」

                     予告編1 予告編2

   チラシ1  チラシ2

 

「傍 -かたわら 3月11日からの旅 -」
  伊勢真一監督作品

  「傍」  チラシ1 
  「傍」  チラシ2
 
  「傍」 予告編

 

「大丈夫。-小児科医・細谷亮太のコトバ-」
 
 「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」の姉妹編。
 医師 細谷亮太・俳人 細谷喨々 の世界を通じて
 「いのち」に触れる 俳句で綴るドキュメンタリー。

・ 「大丈夫。-小児科医・細谷亮太のコトバ-」
 
第85回2011年度キネマ旬報ベスト・テンの
 文化映画ベスト・テン 
第1位に選ばれました。
 
詳細は、2月4日発売の『キネマ旬報2月下旬号』をご覧下さい。

 

「大丈夫。」 チラシ1  チラシ2

「大丈夫。」予告編

 

 

「大丈夫。」のプログラム本ができました。映画で紹介されている細谷喨々さん(医師 細谷亮太)の俳句を中心に構成した句集のような本です。

「観てから読むか  読んでから観るか・・・」ぜひお買い求めください。

(1000円+送料 お問合わせは いせフィルムまで)

 

 

大丈夫。チラシ表 pdf のダウンロード
大丈夫.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [4.8 MB]
ダウンロード